ニキビはどうしてできるの?

ニキビがどうしてできるのか・・・
それを知っていますか?

 

自己流でニキビをつぶすなどすると
傷跡が残ってしまったり、別のニキビができてしまったり、
いずれは肌がでこぼこになってしまったりします。

 

ニキビができる原因を知り、ニキビを予防し、
できてしまったニキビは、正しく対策をすることが必要です。

 

皮膚の仕組み

表皮

 

表皮の最も上は、「角質層」といわれている部分です。
常に空気と触れていますから、ばい菌やホコリ、ウィルスなど
いろいろな外敵の刺激を受けますが、
それらが皮膚の中に入り込まないように、表皮が皮膚細胞を守っています。

 

角質層の下は、「顆粒層」、「有棘層」、そして最も下は「基底層」となっています。

 

基底層は、細胞が生まれる大切な部分です。

 

基底層で生まれた肌は、上へ上へと押し上げられ、
最後は角質層(垢)として剥がれ落ちます。

 

つまり、肌の一生は、この表皮の4層に凝縮されています。
そして、この皮膚細胞が生まれ剥がれ落ちるまでの過程を
ターンオーバーと呼びます。

 

角質層は、垢すりをしなくても、
28日間という約1ヶ月間をかけゆっくり剥がれていきます。
ですが、この28日間と言うサイクルが、
年を重ねるに連れて長くなってしまいます。

 

さて、基底層には、メラニンというシミ細胞を作り出す
メラノサイトが存在しています。
とはいっても、メラノサイトは、シミを作るのが本来の役割ではなく、
メラニンという防衛軍を作り、表皮の下にある「真皮」という皮膚を
紫外線から守るために働くというのが本来の役割です。

 

つまり、メラノサイトは、決して悪者ではないのです。
メラノサイトがなければ、私たちの肌は、
有害な紫外線を浴び、
皮膚がんなどの病気にかかりやすくなってしまいます。

 

真皮

 

表皮の下の部分が「真皮」という部分です。

 

真皮は、皮膚の弾力を維持するためのコラーゲンや、
コラーゲンを鉄筋のように支えるエラスチンなどの細胞で構成されています。

 

しかし、真皮は表皮とは違い、ターンオーバーをしません。

 

ですから、一度深い傷ができてしまったり、
シミができてしまうと、治すのがとても難しくなります。

 

最近は、美容医療も発展し、
すばらしい性能の美容マシーンも登場していますが、
それらの美容医療マシーンを使っても
変化を起こすには時間がかかります。

 

もし、真皮が傷ついてしまうような
大きなニキビができてしまったら、
皮膚の修復は難しくなり、クレーター肌になってしまいます。

 

そのためには、真皮まで傷が付くようなニキビを作らないこと、
にきびができてしまっても正しい処置で早く治す事が必要です。

 

その際、ポイントになるのは「毛穴」です。

 

私たちの体に存在している毛穴は、
皮下組織まで到達しています。

 

ですから、毛穴にできたニキビが大きく腫れあがり悪化すると、
真皮や皮下組織に傷をつけてしまいます。
すると、その赤みが引いても、クレーターのように
ニキビ痕が残ってしまうのです。

 

表皮の傷は治すことはできても、
真皮の場合は一生の傷になってしまいます。